忍者ブログ
三十路の赤ちゃん待ちBlog 待ちに待ったベビちゃんが現在おなかにいます!!
[75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うちの地区の子育て支援センターにいってきました。
旧小学校です。少子化によって廃校になった学校が
そのような施設になったみたいです。
我らが母校ではないんですが近くなので友達もたくさん
通っていました。私の年の卒業生の記念品などもまだ置いてあり
ちょっと懐かしい思いがこみあげました
そして子育て支援支援センターの方と面談。
すごく綺麗で若いかたなのでビックリ
最初20代の方かとおもっちゃいましたが中学生のお子さんをおもちの
方でした。。。。私もその頃そうありたいなあ・・・・
面談の中で私の両親が亡くなったことや親族が近くにいないことなどを
告げるとかなり同情してくださいました。
そして私がうけたいのは産後のショートステイ。うちの市民であれば
2800円で親子で面倒見てもらえる。しかも沐浴などの指導もしてくれる。
という素晴らしいもの。ただそれは税金でまかなうものなのでかなり無理が
あるようです。厳しい審査があるということ。。。。。
つまり私は親がいないことは条件の一つに当てはまるが精神的に不安定では
ないから難しいらしい。
そうはいってももう大人な年齢だから不安定にならないんだよなあ。。。早々。。。
親がなくなってから余計にしっかりしなきゃって思いがあるのでさらに気持ちは緩まないし。

ということでだめでも一緒に助産院をさがしてくれるそうです。。。。

なかなかおいしいはなしはないですな

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうなんだ~?
たまこさんはご両親がいないのですね。
私は母が20歳の時の子で、今61歳。今も縫製工場でバリバリ働いています。父も63歳でタクシードライバーとして長年勤務していて、私ときたら、41になっても親におんぶしちゃっている状態です。
たまこさんのことを考えたら、私は恵まれていることに感謝しなければいけませんね。
昔は、ご近所に知り合いのおばちゃんとかがいて、誰かが子育てを一緒にしてくれたり、面倒みてくれたりしていたらしいですが、最近の環境はそういうことが無い世の中になっちゃいましたね。
沖縄では、母子手帳に1枚はがきが付いていて、困っていることや子育てに悩んでいることがあったらそれに記入して、市の助産師さんが来てくれるらしいです。
そういうのがあるといいですね。
サリーちゃん URL 2008/07/01(Tue)10:52:37 編集
そうなんです~
一昨年に父を今年母を亡くしました。
2人とも60代前半でしたので本当に
残念でなりません。
それまで夫婦そろって元気だったので
予想だにしない出来事でした。
私も両親が生きているうちはおんぶにだっこ
の甘えん坊でした(笑)一人っ子というのも
あるんですけどね。
親にもっと甘えたかったというのもあるのですが
一番は親孝行できなかったことが
悔やまれます。孫の顔をみせてあげれなかった
ことは私がいつか死んだときに両親に謝ろう
って思ってます。
サリーちゃんさんはこれからい~~っぱい
甘えていっぱ~~い親孝行してくださいね。
それがきっとご両親にとって嬉しいことで
しょうからね!!

とりあえず産後の件は電話待ち状態です。
利用できる施設はしとかないと~です。
たまこ 2008/07/01(Tue)16:16:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 旦那出張 HOME 妊娠中絶 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[09/11 八゜イ星人]
[09/04 むらた]
[12/11 たまこ]
[12/11 たまこ]
[12/10 リン]
最新TB
プロフィール
HN:
たまこ
性別:
女性
ブログ内検索
バーコード
いくつになったの?
*script by KT*
/>
*script by KT*
最古記事
カウンター
アクセス解析
お天気情報
フリーエリア
忍者ブログ [PR]